【お詫びとお知らせ】金子万平の信州そば漫録は現在、2010年12月以降の原稿を掲載しています。それ以前の原稿はご覧いただけませんので、何卒ご了承ください。

最新記事

 今年は季節の進み方が早い。春先から急に暑くなり、また寒さがぶり返し...と不安定な天候が続いた。気づいてみれば、もう初夏の陽気だ。そんな気候のせいばかりではないだろうが、信州でも、蕎麦の味がもう、「夏の蕎麦」になってきたような気がする。  例年、5月になれば、「夏の蕎麦」の気配が強くなる。今年もそれはあったが、どうも店によってバラツキが大きいように思った。  たとえば、長野市郊外の割と有名な店で。いつも地元でとれるソバ粉で打ち、季節が移っても、あまり味に変化がないのだが、5月末に久しぶりに訪ねたら、味がイマイチだった。珍しいことだった。姿はしっかりしているし、ひどく悪いわけではない。それ …

全文を読む

2018年6月 6日掲載

著者プロフィール