がんばれ!信州サッカー

記念撮影する退団選手とサポーターら

 サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)の松本山雅FCを今季で退団する選手の送別会が19日、松本市アルウィンで開かれた。6人が出席。ピッチに立つと、スタンドに集まった約1500人のサポーターに向けて、これまでの応援に対する感謝の言葉を贈った。
 6人には、サポーターの子どもたちから花束と、一人一人の名前や背番号などが入った旗が渡された。「けがをした時もサポーターのために頑張れた」「試合ではすごい応援で力を与えてもらった」などとあいさつし、話しながら涙ぐむ姿も。在籍6年目でチーム最古参のMF小沢修一選手は「このチームには人とのつながりや温かさがある。それはこれからも変わってほしくない」と話した。
 送別会後、アルウィンの外で退団選手との記念撮影会があり、サポーターらは「ありがとう」「これからも頑張って」などと声を掛けていた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外