がんばれ!信州サッカー

2015年1月アーカイブ

 J1松本山雅FCは1次キャンプ第4日の30日、静岡県御殿場市で午前、午後の2部練習をした。明け方までの雪は雨に変わったものの、やや強い雨脚で終日降り続く悪条件。水が浮いてボールが止まるほどグラウンドが重く、疲労が蓄積している選手たちにとっては過酷な一日になった。  キャンプ初日に右脚に違和感を訴え …

全文を読む

 J3のAC長野パルセイロは30日、始動1週目を終えた。美濃部監督が今季の重点の一つに掲げるフィジカル強化を鮮明にした内容で、2月1日のキャンプインを前に、上々の滑り出しとなった。  5日間にわたり午前と午後の計9回、長野市内で練習。30日は俊敏性と持久力を高めるため1対1の要素を取り入れたダッシュ …

全文を読む

 「J1でやりたいという思いが強い。それに尽きる」。Jリーグに身を置いて7年目の昨季、J2栃木でようやくつかんだ正GKの座をあっさりと捨て、松本山雅を新たな挑戦の場に選んだ。「GKは単純。シュートを止めれば評価される」とシュートストップに絶対の自信を示す。  かつて栃木で強化部長を務めたGK出身の南 …

全文を読む

 足元の技術への評価は高い。2009年のJ2湘南では、フットサルのFリーグにも選手登録した25歳は「グラウンドで実際に自分をどう出すか」。AC長野のJ3優勝の力になると覚悟を固めている。  J3相模原から「同じ土俵で戦っていても、魅力的なサッカーだった」と感じていたAC長野への移籍。美濃部監督が「局 …

全文を読む

 松本市の菅谷昭市長は30日の定例記者会見で、松本山雅FCがアルウィン(松本市)で行うホーム試合について「駐車台数を増やすことをしなければ、渋滞につながるかもしれず、考えていかなければならない」と述べ、交通渋滞対策に乗り出す考えを示した。市の担当部局は、市有地に駐車場を確保することを軸に検討している …

全文を読む

 J1松本山雅FCは1次キャンプ第3日の29日、静岡県裾野市でサッカーに必要な走力と持久力を計測する「YO―YO(ヨーヨー)テスト」を行った。在籍2年以上の選手だけでなく、新戦力も大半が目安となる「1000メートル」のラインを超える好成績。反町監督は「若い選手も歯を食いしばっていて、フィジカルトレー …

全文を読む

 松本山雅FCの運営会社が要請していた増資に塩尻市が応じ、500万円を2015年度予算案に計上する。小口利幸市長が29日の定例記者会見で明らかにした。現在の500万円から倍増。J1昇格決定後、運営会社から増資や新規出資の要請を受けた8市町村のうち、金額を示して応じたのは初めてだ。  松本山雅について …

全文を読む

 昨季は、J1の厳しさを肌で感じた1年間だった。四国初のJ1クラブとなった徳島の一員として初めてJ1のピッチに立ったが、開幕から一度も最下位を脱出できずJ2降格。その経験から「昇格したチームは特に、攻守での一体感が重要」と強調する。  開幕戦で5失点を喫して敗れると、「自信をなくしてしまった」と9連 …

全文を読む

 J2水戸を退団した2013年、J2長崎に練習生として参加すると実力を認められ、レギュラーを勝ち取った。リーグ戦38試合に出場して5得点、チームの6位に貢献。だが14年は一転、出場5試合に減った。右サイドのMFは「調子は悪くなかった。カテゴリーが一つ下がっても、AC長野には昇格のチャンスがある」。移 …

全文を読む

 J1松本山雅FCは1次キャンプ第2日の28日、静岡県御殿場市で今季初めてとなる午前と午後の2部練習をした。午前の練習では、ピッチの広いエリアを使ってゲーム形式の内容も行った。既存戦力と新戦力を交ぜた組み合わせで選手の動きを追っていた反町監督は「去年とは雲泥の差。レベルも意識も高い」と、今季の戦力に …

全文を読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9
« 14年12月 | メインページ | アーカイブ | 15年2月 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外