がんばれ!信州サッカー

2015年5月アーカイブ

 サッカーの明治安田J1は30日、第1ステージ第14節9試合を各地で行った。松本山雅FCは茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで鹿島アントラーズと対戦し、1―3で逆転負けした。今季3度目の2連敗で勝ち点15のまま。順位は12位から13位に後退した。  松本山雅は3試合連続で同じ先発メンバー。一方の鹿島は1 …

全文を読む

 佐久市総合運動公園陸上競技場で7月5日と9月6日、サッカーのエキシビションマッチが開かれる。7月はJ1の松本山雅FCとJ3のAC長野パルセイロの練習試合を、9月はサッカー日本代表OBと佐久選抜チームとの試合を計画している。  7月の練習試合は午後4時、9月の試合は午後1時半に開始予定。いずれも雨天 …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅FCを支援する山雅後援会は29日、新聞紙や段ボールなどの資源ごみの回収ボックスを、安曇野市に初めて設置した。これまで松本、塩尻、伊那市と山形村の計11カ所に設置しており、今回が12カ所目。回収したごみの売却益を、松本市のアルウィンで行うホーム試合のごみの処理費用に充てたり、後援 …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅FCを支援する山雅後援会は6月13日、山雅を取り巻くさまざまな情報を地域住民と共有する「松本山雅ホームタウンサミット」を塩尻市レザンホールで開く。昨年2月に松本市で開いたのに続く開催で、J1昇格後は初めて。講演や公開座談会で山雅を生かしたまちづくりについて考える。  メーンフォ …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅FCの運営会社は28日、クラブ創設50周年の記念ユニホームを松本市内で発表した。記念月間と位置付ける8、9月に同市のアルウィンで行う3試合で選手が着る。記念グッズの販売やPRマスコットの名称も募集する。  同FCは、松本駅前にあった「純喫茶山雅」の常連客が1965(昭和40)年 …

全文を読む

 知的障害のある人が定期的にサッカーを楽しめる環境をつくろうと松本市の総合型地域スポーツクラブ「skIp(スキップ)まつもと」は28日、同市あがた運動公園でサッカースクールを開校した。将来は対外試合ができるクラブへの成長を目標に入会者を募る。県サッカー協会によると、知的障害者を対象にした通年のサッカ …

全文を読む

 サッカーJ1松本山雅FCの選手、スタッフが松本市民と一緒に運動する健康講座が27日、松本市両島の市西部体育館で開かれた。本年度の初回で、20〜80代の約40人が参加。山雅運営会社の神田文之社長、上田市出身の塩沢勝吾選手と一緒に汗を流した。  昨年、運営会社と松本市が市民の健康増進事業で協力すること …

全文を読む

 長野市内では初のサッカー日本代表戦となる女子日本代表「なでしこジャパン」の国際親善試合が、28日に行われる。同市を拠点とするAC長野パルセイロ・レディースは、なでしこリーグ2部で首位と好調。市内のサッカー関係者は代表戦を機に、女子サッカー熱の一層の高まりを期待している。  市サッカー協会によると、 …

全文を読む

 Jリーグ理事会でJ1松本山雅FCのホームタウンに21日に承認された大町市と松本山雅運営会社(松本市)は26日、大町市が同社に出資する調印式を市役所で開いた。牛越徹市長と神田文之社長が出資金500万円の確認書にそれぞれ調印。牛越市長は「(ホームタウンとして)サッカーを基軸にしたスポーツ振興と青少年の …

全文を読む

 松本市と松本商店街連盟が今季初めて企画したサッカーJ1松本山雅FC戦のパブリックビューイング(PV)の初回が23日夜、同市高宮中のイトーヨーカドー南松本店の北側駐車場であった。松本山雅への応援を、街中のにぎわい創出や消費の喚起につなげる狙い。この日はサポーターら100人以上が集まり、横浜F・マリノ …

全文を読む

1  2  3  4  5
« 15年4月 | メインページ | アーカイブ | 15年6月 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外