がんばれ!信州サッカー

長野−山梨 後半、CKからヘディングでゴールを狙う長野・千野(中央)

 長野、静岡、山梨、新潟4県の16歳以下の選抜チームが参加する第10回甲信越静U―16サッカー大会(信濃毎日新聞社、長野県サッカー協会など主催)は20日、松本市のあがた運動公園、県フットボールセンター(松本市サッカー場)の2会場で開幕した。2日間にわたる総当たりのリーグ戦で、初日は各県が2試合ずつ戦った。
 長野は初戦、新潟に0―3で敗れた。山梨との2試合目は前後半80分を0―0で終え、PK戦の末に敗れた。初日は、静岡が2勝(勝ち点6)で首位、新潟が1勝1敗(同3)で2位、山梨がPK勝ちを含む1勝1敗(同2)で3位。長野は4位(同1)。優勝争いは静岡と新潟の2チームに絞られた。
 大会は前後半80分で、同点の場合はPK戦。80分での勝利は勝ち点3、PK勝ちは同2、PK負けは同1が与えられる。
 最終日は各チームが1試合を行い、長野は午前10時から県フットボールセンターで静岡と戦う。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外