がんばれ!信州サッカー

「ララビジョン」で松本山雅の試合を観戦する市民ら

 岡谷市のNPO法人「維新塾」は17日夜、JR岡谷駅前ビル「ララオカヤ」で、大型スクリーンで県内のスポーツチームの試合を観戦する「ララビジョン」を本格的に始めた。ビル内の店舗で買い物をした人に入場券を渡す方式で、この日は市民らがサッカーJ2松本山雅FCとモンテディオ山形の試合を楽しんだ。
 ララビジョンは、スポーツ観戦を通してララオカヤなど駅前の活性化につなげる狙い。ビル内の飲食店など26店で500円以上の飲食や買い物をした人に入場券を1枚渡す。インターネットの動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と契約し、当面は松本山雅のアウェーでの試合を放映する。
 この日は、緑色のユニホーム姿の松本山雅サポーターを中心に60人余が参加。松本山雅は0―1で敗れ、ため息が漏れた。サポーター仲間と観戦した下諏訪町の会社員宮下道男さん(63)は「ララオカヤに来る機会はあまりなかったが、買い物をしてまた観戦したい」と話していた。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外