がんばれ!信州サッカー

群馬戦に向けて練習する松本山雅の選手

 サッカー明治安田J2第19節は17、18日、各地で11試合が行われる。勝ち点23で15位の松本山雅は18日、同13で21位の群馬と敵地で対戦し、3試合ぶりの勝利を目指す。
 群馬の34失点はリーグ最多で、14得点は下から2番目の少なさ。第14節までは最下位(22位)と苦戦し、現在もJ3降格圏内にいる。ただ、5月中旬に韓国代表経験のあるFW姜修一(カン・スイル)が加入してからチーム状態は上向き、第14節から3連勝。第16節では首位の福岡を3―1で下している。現在は2連敗中だ。
 松本山雅は直近5試合で1勝1分け3敗と不振が続く。前節までのホーム2連戦は1分け1敗。2試合ともシュート数では相手を上回るなど、主導権を握る時間帯が増えており、課題となっている最後の精度をどう高めていくか。
 第17節で相手選手と激突して頭を強打したGK村山は今週から全体練習に復帰。一方、長期離脱から復帰し、2試合連続で途中出場していたDF安藤が再び離脱したのは痛い。
 反町監督は「群馬は安定してきた。福岡戦では完璧に試合を進めており、われわれは最初から飛ばして先取点を取るようにしたい」と話す。FW高崎は「(勝ち点の)取りこぼしがないようにしなければ。前半から圧力をかけていく」と意欲を口にした。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外