がんばれ!信州サッカー

C大阪U23と引き分け、険しい表情のAC長野の選手たち

 サッカーJ3第13節は最終日の18日、各地で7試合が行われ、5位のAC長野パルセイロは長野市の長野Uスタジアムで15位のC大阪U―23に1―1で引き分けた。連続無敗試合を8とした。勝ち点を20とし、順位は5位で変わらない。
 AC長野は通算5勝5分け2敗。前節に負傷離脱した三上に代わり、有永が先発した。
 AC長野は前半から相手陣内でのプレーが多かった。しかし決定機は少なく、21分、荒田のヘディングシュートは相手GKの頭に当たりはじかれた。後半、AC長野はさらに攻勢に出た。11分、DFの裏へ抜け出した有永がGKと1対1となり、右足で先制した。しかし直後の12分、自陣右サイドからのクロスを岸本に頭で決められた。AC長野は塩沢と菅野を投入して追加点を狙ったが1―1のまま試合を終えた。
 AC長野は第14節の25日、敵地で北九州と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外