がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ3第15節は1、2日、各地で8試合が行われる。勝ち点23で5位のAC長野パルセイロは2日、勝ち点15で11位の藤枝と長野市の長野Uスタジアムで対戦する。AC長野は直近のリーグ戦で9試合連続負けなし(4勝5分け)と好調を維持。前節も敵地で北九州に逆転勝ちしており、連勝が期待される。
 6月21日にあった天皇杯2回戦で、リーグ戦で出番の少ない選手たちがJ1のFC東京を破った。その戦いぶりが主力組に好影響を与えており、昨季J2の北九州との戦いを制した浅野監督は「チーム29人全員が一つになったからこそ最後に逆転できた」と話した。
 先発メンバーは、FC東京戦よりも北九州戦の結果を踏まえ、全体のバランスを重視して選出する可能性が高い。
 藤枝とのJ3の対戦成績は4勝1分け3敗とほぼ五分。ただ、2014年には1―4で大敗し、15年8月2日の敗戦後には当時の美濃部監督(現・AC長野ゼネラルマネジャー)が辞任。昨季も逆転負けしており、難敵との印象がある。
 今季の藤枝は通算4勝3分け6敗。サイド攻撃を得意としており、ここまで5得点のMF遠藤には警戒を要する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外