がんばれ!信州サッカー

東京V―松本山雅 後半、先制ゴールを決める松本・パウリーニョ(14)

 サッカー明治安田J2第32節は最終日の10日、東京都調布市の味の素スタジアムなどで5試合があり、松本山雅は東京Vを2―1で下し、今季初の3連勝を飾った。15勝7分け10敗の松本山雅は勝ち点52とし、前節7位からJ1昇格プレーオフ出場圏内の5位へ浮上。勝ち点50の東京Vは同6位から9位に後退した。

 松本山雅は3試合連続で同じ先発メンバー。前半はお互いに堅い守備をする中、松本山雅のシュートは1本にとどまったが、後半9分にパウリーニョが前線でボールを奪ってからシュートを決めて先制。14分には工藤の2試合連続ゴールで加点した。後半20分までに交代枠を使い切った東京Vに1点を返されたが、逃げ切った。

 長崎は徳島を2―1で下し、勝ち点56として3位に上がった。

 第33節は16、17日。松本山雅は16日、ホームで群馬と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外