がんばれ!信州サッカー

国沢志乃

 日本サッカー協会は11日、日本女子代表「なでしこジャパン」が長野市の長野Uスタジアムでスイスと戦う22日の国際親善試合のメンバー23人を発表した。AC長野パルセイロ・レディースからMF国沢が選ばれ、AC長野から独1部リーグ・フランクフルトに期限付き移籍したFW横山も入った。
 右膝の負傷から復帰した岩渕(INAC神戸)や、主力の阪口(日テレ)熊谷(リヨン)らが選出。21歳の清水(日テレ)が初招集となった。
 国沢は昨年7月のスウェーデン遠征以来の選出で、高倉監督は「リーグ戦でボールを奪う良さを出し、ビルドアップの課題を消化して積極的にプレーしていた」とした。
 12月に東アジアE―1選手権(旧東アジア・カップ)、来年4月にはワールドカップ(W杯)予選を兼ねた女子アジア・カップを控える。多くの戦力を試してきた高倉監督は「そろそろメンバーを固めていく。攻撃的なサッカーを展開したい」と話した。
 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングで日本は8位、スイスは16位。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外