がんばれ!信州サッカー

優秀賞5品を手にする鉄戸さん(左)とガンズくん

 サッカーJ2松本山雅FCを題材にした菓子のアイデアを競う「スイーツフェスタ」の1次審査が12日、松本市内であった。松本市、安曇野市の菓子店7店が応募した洋菓子など10点を運営会社の社員5人が試食し、優秀賞5点を決めた。優秀賞は29日に松本市のアルウィンで行う岐阜戦に出品、サポーターの投票で最優秀賞1点を選ぶ。
 社員らが試食して回り、見た目と名前、味の3項目をそれぞれ5段階で評価。アンバサダーの鉄戸裕史さん(35)は、クラブのマスコットキャラクター「ガンズくん」をかたどった菓子が載ったブリュレを見て、「すごく似ている」と驚いていた。
 スイーツフェスタは運営会社と松本信用金庫(松本市)が共同で開き、6回目。初回から審査する運営会社副社長の上條友也(ともなり)さん(60)は「年々洗練された作品が増えており、今年は(別室での)審査が紛糾した」といい、「サポーターの皆さんも頭を悩ませながらスイーツを味わってほしい」と話した。
 最終審査は20日から販売するチケット(200枚限定)を購入した人がアルウィンで優秀賞5点を試食し、投票で最優秀賞を決める。チケットの値段や販売方法は今後、松本山雅のホームページに載せる。最優秀賞は11月19日の京都戦でも販売する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外