がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2松本山雅の反町康治監督と運営会社の神田文之社長らが14日、県庁に阿部守一知事を訪ね、8位だった今季の報告をした=写真。

 反町監督は「残念ながらJ1の扉を開くことはできなかったが、われわれが日々努力した成果で受け入れざるを得ない」と振り返った。J1昇格に再挑戦する来季については「シーズン前の合宿からエネルギッシュに取り組み、いいスタートダッシュを切りたい」と意気込んだ。

 県が所有する松本市のアルウィンは今季、大型映像装置が改修された。現在は芝生の全面張り替えが行われており、神田社長は「環境を整備していただき、感謝している。入場者を増やし、地域を盛り上げる活動を続けていきたい」と話した。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外