がんばれ!信州サッカー

2018年1月アーカイブ

 サッカーJ2の松本山雅は30日、1次キャンプ地の静岡県御殿場市で午前と午後の2部練習をした。午前は雪が交じる寒空の下で、休息を挟みながら計4キロを走るインターバル走で追い込んだ。さらに6対6でパス回しをした。  午後はクロスボールへの守備練習に着手。反町監督によると、昨季はクロスからの失点が8で、 …

全文を読む

 特別指定選手となった昨季、大商大に所属しながら松本山雅でリーグ戦8試合に出場。8月中旬から1カ月間、4連勝を含む6試合負けなしとチームに勢いをつけ、大学のリーグ戦再開のため松本山雅を離れた。「このままJ1に昇格してほしい」と願い、自分がJ1で戦う姿を想像したが、夢はかなわなかった。  「松本山雅で …

全文を読む

 松本山雅は30日、シンガポールのプロリーグ所属の「ゲイラン・インターナショナル」に指導者として派遣している臼井弘貴氏(37)がトップチームの監督に就任することが決まったと発表した。  塩尻市出身の臼井氏は松本山雅U―18(18歳以下)チーム監督などを務め、昨年2月からゲイラン・インターナショナルで …

全文を読む

 松本山雅で2014年のJ1昇格確定に貢献し、15年も主力としてJ1で戦った頼れる存在。3年ぶりの復帰となったが、当時とはメンバーも変わっており「戻ってきたという感覚はない」。心機一転、一からのスタートを強調する。  ロングスローがあり、FKやCKでは正確なキックを蹴る。松本山雅が得意とするセットプ …

全文を読む

 サッカー女子のなでしこリーグ1部のAC長野パルセイロ・レディースは29日、FW泊志穂(27)の移籍先がオーストリア女子リーグ2部のFCヴァッカー・インスブルックに決まったと発表した。AC長野退団を昨年12月8日に発表、海外の移籍先を探していた泊はAC長野を通じ「向上心を持って未知の世界へ飛び込んで …

全文を読む

 サッカー北信越リーグ1部のアルティスタ東御は2月1日から、クラブの新しい名称を募集する。3年後をめどにJリーグ参入を目指しているクラブは、活動拠点とする東信地方全体を代表する名称に変える方針。クラブは「東信地方の皆さんに広く愛され、応援してもらえる名称にしたい」としている。  クラブは旧東部町民で …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCを応援する山雅後援会岡谷支部(岡谷市)は、岡谷市が山雅の「ホームタウン」になることを期待し、同市のJR岡谷駅前ビル「ララオカヤ」で開催する観戦イベント「ララビジョン」を今季から充実させる。中継映像を流すスクリーンを新調し、観戦スペースを拡大。大勢の市民に観戦してもらい、ホー …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅は28日、1次キャンプ地の静岡県御殿場市で浜松開誠館高校(静岡)と今季初の練習試合をした。30分を3回行い、計7―0で勝った。  1回目はGKが鈴木、DFは右から趙珍友(ジョ・ジヌ)、当間、浦田、中盤の底に藤田、その前にパウリーニョと前田直を置き、サイドは右が田中、左が下川、2 …

全文を読む

 サッカーJ3のAC長野パルセイロは佐賀キャンプ2日目の28日、佐賀市健康運動センターサッカー・ラグビー場で練習した。体調不良のDF大島とMF堂安を除く27選手が参加。体幹や走力の強化、ドリブル突破の練習などを行った。  浅野監督は「佐賀キャンプはフィジカルと個の強化がテーマ」と説明。攻撃時にボール …

全文を読む

 「ゴールを取ることは誰にも負けたくない。ゴールにこだわる」。目標をストレートに話す典型的なストライカーだ。  動きだしのスピードが持ち味。守備ラインの裏に抜け出したり、クロスボールに合わせたりする「オフ・ザ・ボール」の動きに自信を持つ。「松本山雅は前に推進力があるチーム。前からの守備も得意で、自分 …

全文を読む

1  2  3  4  5  6
« 17年12月 | メインページ | アーカイブ | 18年2月 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外