がんばれ!信州サッカー

 佐賀市での1次キャンプ初日、持久力テストでチームトップとなり、存在感を示した。「自分の得意とするところ。試合で(相手守備の)裏への飛び出しや運動量を出していきたい」と話した。
 関西学生リーグ1部の関西大で、昨季は主将として部員248人をまとめた。互いのコミュニケーションを深め「全員サッカーで日本一」を目指した。昨年9月の試合中に肩を脱臼して手術。復帰直後に臨んだ12月の全日本大学選手権は1回戦で2得点、準々決勝では延長ロスタイムに同点ゴールを挙げた。準決勝で敗れたが「一体感を持って勝ち進めた」。
 高校時代に所属した磐田U―18で出番が4分間にとどまった1年目。当時の鈴木秀人コーチに掛けられた「意識を高く持て」との言葉が自分の基盤になっている。「FWである以上、2桁得点はノルマ。若いからと甘えずリーダーシップを持って臨む」。静岡県出身。176センチ、72キロ。
     ◇
 サッカーJ3のAC長野パルセイロに今季、選手7人が新たに加わった。悲願のJ2昇格へ挑むチームに新風を吹き込む各選手の横顔、得意なプレー、意気込みを紹介する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外