がんばれ!信州サッカー

 日本サッカー協会は13日、パラグアイ遠征(19〜28日)に参加するU―21(21歳以下)日本代表を発表した。松本山雅から前田大然が選ばれたほか、欧州でプレーする伊藤達哉(ハンブルガーSV)や昨年フル代表に招集された初瀬亮(G大阪)、J1で出場を続ける板倉滉(仙台)ら計23人が選ばれた。
 前田大の年代別代表入りは2度目。今年1月のU―23(23歳以下)アジア選手権(中国)に初選出されたが、直前の合宿で腰を痛めて離脱した。前田大はクラブを通じ「東京五輪に向けての大事な遠征になるので、しっかり戦ってきたい」とコメントした。
 1997、98年生まれの選手で編成し、16歳の久保建英(FC東京)らは招集されなかった。
 2年後の東京五輪を目指す年代を率いる森保一監督は「タフな日程の中で選手、チームが成長できるように前進したい。少しずつコンセプトを固めていく」と話した。
 チームは21歳以下で争う国際親善大会に出場し、21日にチリ、23日にベネズエラ、25日にパラグアイと対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外