がんばれ!信州サッカー

AC長野―仙台 前半、仙台DFと競り合うAC長野・中村(左)

 サッカー女子のなでしこリーグ1部カップ1次リーグ第3節第1日は14日、各地で行われ、B組のAC長野パルセイロ・レディースは長野市の長野Uスタジアムで仙台と0―0で引き分けた。カップ戦の連敗を2で止めたAC長野は1分け2敗。

 高卒ルーキー滝川と西川が2トップを組み、大宮が今季初めて先発出場した。前半は仙台に押し込まれたが、システムを変えた後半はパスがつながりAC長野のペースになった。シュート数は仙台の7本に対し、AC長野9本。観客数は1247人。

 第4節は21、22日で、AC長野は試合がない。次の試合はリーグ戦第3節になり、29日に敵地で仙台と対戦する。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外