がんばれ!信州サッカー

 サッカー明治安田J2第17節は2、3日と20日に各地で11試合を行う。勝ち点25で7位の松本山雅は3日、松本市のアルウィンで15位(勝ち点20)の栃木と対戦。ホーム5連勝を目指す。
 松本山雅は1・5列目で8試合続けて先発している前田大が、5月30日の練習中に膝を痛めた。6月1日の全体練習には部分的に復帰したが、今節への出場は微妙な状況だ。
 攻守に貢献度が高い前田大を欠けば痛手だが、前線の選手層は厚い。欠場した場合の代わりは前田直か中美が務めることになりそう。それぞれタイプは異なるが、起用された選手が持ち味を出して攻撃を活性化させられるかがポイントになる。
 栃木は前線でターゲットになる身長189センチのペチュニクが出場停止。それでもハイボールの競り合いに強い長身選手が多く、ロングスローを含めたセットプレーが大きな得点源になっている。松本山雅の主力で身長180センチ超は、GKを除けば飯田と高崎の2人のみ。松本山雅は高い位置で相手ボールを奪い、できるだけ相手にセットプレーの機会を与えないことが大事になる。
 栃木は元日本代表の大黒が4得点をマーク。身長188センチの服部がセットプレーのキーマンになる。ただ、最近2試合は無得点に終わっており、第13節以降は勝利がない。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外