がんばれ!信州サッカー

 サッカーJ2で現在首位の松本山雅FCのアウェー戦のパブリックビューイング(PV)について、松本市は16日、岡山市で行うファジアーノ岡山戦で今季初回を開く。10月までに市街地で計5回開き、にぎわい創出につなげる。
 16日は午後7時から、松本市中央2の花時計公園の特設会場で開く。25日の大宮アルディージャ戦は同7時から松本駅お城口前広場、8月11日のカマタマーレ讃岐戦は同6時から松本城大手門枡形跡広場で。残り2回は調整中だ。いずれも無料。
 市は衛星放送テレビが試合を生中継していた2015年と16年はPVを年8回企画。昨季はインターネット動画配信「DAZN(ダ・ゾーン)」のネット配信に切り替わり、契約規定を巡って一時開催が危ぶまれたが、許可が下りて9月以降、開催した。
 市によると、今季も山雅の運営会社を通じてPVの許可申請をし、開催できる見通しとなった。市スポーツ推進課は「誰でも集まりやすい場所を選んだ」としている。

新着ニュース

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外