がんばれ!信州サッカー

練習・運営に関する最近の記事

 サッカーJ2松本山雅FCの運営会社は15日、来季のユニホームのデザインを発表した。主にホーム戦で着用するユニホームは、選手とサポーターの思いを一つに頂点を目指す「TOTHETOP(トゥー・ザ・トップ)」がコンセプト。前面の下部から上部に上がるにつれて緑色が明るくなるデザインとし、上昇するチームを表 …

全文を読む

 サッカーのAC長野パルセイロの堀江三定社長と浅野哲也監督、美濃部直彦ゼネラルマネジャー(GM)が14日、長野市役所で加藤久雄市長に今季の報告をした。浅野監督は「目標を達成できなかったが、熱い声援と支援は心強かった。来シーズンは期待に応える」と話した。  市長は「結果は残念だが、パルセイロは市民の …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅の反町康治監督と運営会社の神田文之社長らが14日、県庁に阿部守一知事を訪ね、8位だった今季の報告をした=写真。  反町監督は「残念ながらJ1の扉を開くことはできなかったが、われわれが日々努力した成果で受け入れざるを得ない」と振り返った。J1昇格に再挑戦する来季については「シー …

全文を読む

 松本信用金庫は13日、サッカー松本山雅FC運営会社にチーム強化資金として95万円を贈った。松本市内の本店で贈呈式があり、田中鈴生理事長がクラブ運営会社の神田文之社長に目録を手渡した。  贈呈は9回目。「松本山雅FC定期預金」の預金総額の0・01%相当額と、「松本山雅FC通帳」の顧客数に50円を乗じ …

全文を読む

 サッカーJ2の松本山雅FCがチーム統括本部に新設した編成部で部長に就いた柴田峡氏(52)が11日、松本市内で取材に応じ、来季のチーム編成などについて語った。2015年まで反町監督の下でコーチを務めた経験を生かし、現場と連携を取りながらチームの強化を担う。  ―11月下旬に就任してからここまでの動き …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCの反町康治監督(53)とクラブ運営会社の神田文之社長(40)らが8日、松本市宮田の信濃毎日新聞松本本社を訪れた。2人はJ1再昇格を目指す来季への意気込みを説明。反町監督は、既に着手している戦力補強に関して「手応えがある」と述べた。  神田社長は、J1昇格プレーオフ進出を逃し …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCの反町康治監督(53)や運営会社の神田文之社長(40)らが7日、松本市役所に菅谷昭市長を訪ね、ホームタウンとしての支援やサポーターによる日頃の応援、練習への協力に感謝し、来季に向けたチームづくりを誓った。これでホームタウン全6市町村への報告は終了。反町監督は「各市町村を回っ …

全文を読む

 サッカーJ2松本山雅FCの反町康治監督(53)と運営会社の神田文之社長(40)らは4日、ホームタウンの安曇野市など5市町村を訪ねた。J2で8位に終わり、J1への昇格を逃した今季の戦いを報告。市町村長からは「来季こそは昇格を」と激励する声が上がり、今後もさらに連携していくことを確認した。  安曇野市 …

全文を読む

山雅

山雅、今季練習締めくくる

2017年12月 1日掲載

 サッカーJ2松本山雅は30日、今シーズン最後の練習を松本市のかりがねサッカー場で行い、松本大と練習試合をして5―0で勝った。  チームは19日の最終節でJ1昇格プレーオフ出場を逃した後も「アイドリング期間」(反町監督)と位置付け、軽めの練習を継続してきた。この日の練習試合は前半に石原、鈴木武らが得 …

全文を読む

 サッカーJ3のAC長野パルセイロの浅野哲也監督(50)が契約更新し、来季続投することが決まった。クラブ運営会社が28日、発表した。AC長野は浅野体制2年目の2018年シーズンで悲願のJ2昇格を目指す。  AC長野は12月3日の最終節を残し現在5位で、今季4位以下が確定。J3が始まった2014年シー …

全文を読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
« 選手 | メインページ | 催し・イベント »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外