がんばれ!信州サッカー

その他のチームに関する最近の記事

 佐久市下小田切の医療法人「雨宮病院」に勤務するスポーツトレーナーの西村陽介さん(34)が、今季のサッカー日本選抜女子U―14の監督に就任した。将来の「なでしこジャパン」のメンバーに成長する可能性がある14歳以下の選手たちの育成を担う。「緊張感がある仕事。世界と戦う選手を育てたい」と意気込んでいる。 …

全文を読む

その他

東御5発、塩尻に快勝 北信越リーグ

2017年5月15日掲載

 サッカー北信越リーグ1部第2節は14日、各地で4試合を行った。昨季初優勝したアルティスタ東御は、松本市のアルウィンでアンテロープ塩尻に5―0で勝った。連覇を狙う東御は連勝で好スタートを切った。昨季7位の塩尻は2連敗。  前半8分、東御は喜屋武のゴールで先制して主導権を握ると、途中出場の近藤が25、 …

全文を読む

 サッカー高円宮杯U―18県リーグ1部第4節は15日、千曲市サッカー場などで4試合を行った。1月の全国高校選手権で16強入りした創造学園高は、昨年の県高校総体優勝の市立長野高に3―2で競り勝った。

 日本サッカー協会は7日、市立長野高3年のMF新井光(17)を高校に所属したままJリーグに出場できる特別指定選手に承認したと発表した。J2湘南が受け入れる。  新井はAC長野パルセイロの下部組織出身。川中島中ではAC長野のジュニアユースチームで、高校1年ではAC長野U―18チームでプレーした。201 …

全文を読む

 U―12(12歳以下)とU―10(10歳以下)の8人制サッカー大会「ジュニアフットボールフェスタCLIOCUP2017」が7月、北佐久郡軽井沢町で初めて開かれる。チームの順位に関係なく、試合で活躍した選手を選抜し、海外遠征に派遣するチャンスもあるという大会。同町のNPO法人スポーツコミュニティー軽 …

全文を読む

その他

長野、遠い1点 甲信越静U―16

2017年3月22日掲載

 長野、山梨、新潟、静岡4県の16歳以下の選抜チームが参加した第10回甲信越静U―16サッカー大会(信濃毎日新聞社、長野県サッカー協会など主催)最終日は21日、県フットボールセンター(松本市サッカー場)で2試合を行った。長野は静岡に0―4で敗れ3戦全敗(うち1試合がPK戦負け)で4位。静岡が2大会連 …

全文を読む

 長野、静岡、山梨、新潟4県の16歳以下の選抜チームが参加する第10回甲信越静U―16サッカー大会(信濃毎日新聞社、長野県サッカー協会など主催)は20日、松本市のあがた運動公園、県フットボールセンター(松本市サッカー場)の2会場で開幕した。2日間にわたる総当たりのリーグ戦で、初日は各県が2試合ずつ戦 …

全文を読む

 千曲市を拠点に活動するサッカー県リーグ1部の「リヴェリオ千曲FC」が、チームのマスコットキャラクター「将軍リーベ」を作った。4月からチーム名が「リベルタス千曲FC」に変わるのに合わせて企画した。県リーグ1部でマスコットのいるチームは珍しいという。  将軍リーベは男の子の設定。同市の国史跡「森将軍塚 …

全文を読む

 東信地方を拠点に活動するサッカー北信越リーグ1部のアルティスタ東御は1日、上田市下之郷の生島足島(いくしまたるしま)神社を訪ねて必勝祈願をした。日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指し、選手や小林慎二監督、スタッフら34人が神前で健闘を誓った。  アルティスタ東御は昨季、北信越リーグ1部で初優 …

全文を読む

山雅

AC長野

その他

天皇杯、山雅6月に2回戦 県代表は4月

2017年2月17日掲載

 日本サッカー協会は16日、第97回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の概要を発表し、来年1月1日の決勝は初の埼玉スタジアム開催となった。大会の価値向上を狙い、チーム強化費として支払われる優勝賞金は5千万円増の1億5千万円となった。  日程緩和のために開幕を …

全文を読む

1  2  3  4  5  6
« 催し・イベント | メインページ | 松本山雅 »

チーム別ニュース

記事アーカイブ

PDF号外