The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2010 長野県知事選

定例会見で次期知事選への不出馬を表明する村井知事=13日午前、県庁

 村井仁知事(73)は13日午前、県庁での定例会見で、「次期の知事選に出馬しない」と述べ、7月22日告示、8月8日投開票の県知事選に立候補せず、1期目の今期限りで引退する意向を正式に表明した。引退理由について知事は「当初から1期4年の任期で県再生のために尽くす決意だった。やらなければならないことを実行し、難題をある程度解決してきた」と説明した。【関連記事7面に】

 後継と考える人物について知事は「私としてこの方にやっていただければな―という思いがあるのは当然」としつつ、「県民の賢明な判断を期待したい。今、申し上げることではない」と明言はしなかった。

 知事選告示まで2カ月余となったこの時期の表明については「迷いはなかったが、公表する前にある程度(関係者に)了解を得なければならなかった」と説明。「濃密に(仕事が)できたのは、当初から4年間と心に定め、不退転の決意で当たることができたからだ」と強調した。

 会見に先立ち、知事は2006年の前回選で支援を受けた県議や経済団体幹部らのグループ「県人会議」が長野市内で開いた会合に出席し、引退の意思を報告。出席者からは出馬を求める声も出たが、最終的に了承した。会合後に会見した座長の石田治一郎県議(自民党県連幹事長)は「続投いただけると思っていたが、誠に残念だ」と述べた。

 村井氏は木曽郡木曽町出身。東大卒業後、旧通産省を経て1986年、衆院選旧長野4区で初当選し、連続6期務めた。自民党に所属していた05年、郵政民営化関連法案に反対し、衆院選への出馬を断念。06年知事選で当時の田中康夫知事への対立候補として立候補し、自民、公明両党や連合長野などの支援を受けて初当選した。

 次期知事選ではこれまでに、前県信濃美術館長の松本猛氏(59)=安曇野市=が立候補を表明。県民有志のグループは、元副知事の阿部守一氏(49)=横浜市=に出馬を要請している。

« 前の記事  特集トップに戻る  次の記事 »