The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2010 長野県知事選

参院選と知事選で合同個人演説会を開催すると発表した熊谷会長(右)ら

 日本青年会議所(JC)長野ブロック協議会(熊谷弘会長)は1日、飯田市内で記者会見し、今夏の参院選県区(改選定数2)と知事選で、立候補予定者のマニフェスト(公約集)に基づく公開討論会や合同個人演説会を開くと発表した。同日、企画運営に当たる任意団体「信州(ふるさと)の未来(あす)を考える会」を設立した。
 参院選は国会延長がなければ今月24日公示、7月11日投開票の日程が有力。合同個人演説会は公示後の7月上旬に南信、北信地方で1回ずつ開く予定だ。今後、県区の各立候補予定者に参加を呼び掛けていく。
 知事選(8月8日投開票)は、7月22日の告示前に北信地方で公開討論会を開催する予定。告示後の同月下旬には南信、中信地方で合同個人演説会を計画する。参院選、知事選とも日程や場所などは今月中旬をめどに発表する。
 熊谷会長は「選挙では政局への影響が注目されがちだが、立候補者の人物像や志を知り、将来に向けた政策を語ってもらう場としたい」と話した。「信州の未来を考える会」は選挙後も存続させ、討論会などの活動に取り組む。事務局を駒ケ根市内に置き、JC以外の団体にも協力を呼び掛ける。

« 前の記事  特集トップに戻る  次の記事 »