The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2010 長野県知事選

 8月の知事選で独自候補擁立を模索している自民党県議団は2日、長野市内で団会議を開いた。非公開の会合後、平野成基団長は擁立のめどについて「時間も迫っており、悠長にやってはいられない。できれば6月中旬ぐらいに形にしたい」と述べた。
 平野団長は「今日の団会議では具体名は出ていない」と説明。その上で「県の実情、県民の気持ちをよく知り、村井県政の経済対策などを継承できる人を-というのがわれわれの考えだ」と目指す候補像をあらためて示した。
 また、改革・緑新、創志会、県民クラブ・公明の3会派に対し、自民党県議団が「第3の候補」を擁立してから知事選対応を決めるよう呼び掛けたことも明らかにした。
 知事選ではこれまでに、前県信濃美術館長の松本猛氏(59)=安曇野市、元副知事の阿部守一氏(49)=松本市=が立候補を表明している。

« 前の記事  特集トップに戻る  次の記事 »