The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2010 長野県知事選

 任期満了に伴う県知事選は22日告示され、元副知事の阿部守一氏(49)=松本市、前安曇野ちひろ美術館長の松本猛氏(59)=安曇野市、前副知事の腰原愛正氏(63)=大町市=のいずれも無所属新人3氏が立候補を届け出た。参院選中に政治活動の一部が制限されたことなどから、選挙戦は短期決戦の様相。3氏はいずれも長野市内で第一声を上げ、舌戦をスタートさせた。投開票は8月8日。
 村井仁知事が今期での引退を表明し、新たな県政のリーダーを選ぶ選挙。参院選後、初の大型地方選となり、与野党の動きも焦点となる。
 阿部氏は午前8時20分ごろから同市南石堂町のホテルで出陣式。推薦する民主党から北沢俊美防衛相(参院県区)、小宮山洋子党財務委員長らが応援に駆け付けたほか、社民党も県議が出席して激励した。JR長野駅前で行った第一声では「県民の思いを県政に反映する県民主権の長野県をつくる」と訴えた。
 松本氏は午前8時半から同市吉田の選挙事務所近くに設けた会場で出陣式。知人でエジプト考古学者の吉村作治氏、ファッションデザイナーの岡正子氏らのほか、県会の共産党県議団やトライアル信州の県議らが応援に訪れた。引き続き「誰もが安心して暮らせる県にするために全力を尽くす」と第一声を上げた。
 腰原氏は午前7時半から、同市栗田の選挙事務所で出陣式。自民党県議団など県会3会派の県議や県内経済団体幹部らに加え、村井知事も出席した。長野駅前での第一声では「長野県の無限の可能性を、皆さんと掘り起こしていく」と強調。日本スケート連盟会長の橋本聖子参院議員(自民)も応援演説した。
 政党では民主、社民、国民新各党が阿部氏を推薦。自民、公明両党は推薦はしないものの、腰原氏を実質的に支援する。共産党は松本氏を支援する「明るい県政をつくる県民の会」に加わる。
 21日現在の県内有権者数は177万1416人(男85万5910人、女91万5506人)。

« 前の記事  特集トップに戻る  次の記事 »