The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2012衆院選

長野2区 共産・北村氏が立候補正式表明 松本で会見

2012年02月16日(木)

長野2区からの立候補を表明する北村正弘氏

 共産党県委員会が次期衆院選長野2区への擁立を決めた党中信地区委員長で新人の北村正弘氏(49)=松本市岡田=は15日、松本市で記者会見し、立候補を正式表明した。「生活苦の方々からむしり取っている消費税を倍にしようという政治を何としても転換させていくため、立候補を決意した」と述べた。


 震災、原発事故対応について「被災者の住宅再建、店舗、工場の支援を政府の責任で進める必要がある。原発の再稼働には反対する」と強調。「政権交代を果たした民主党が国民の期待を裏切った。TPP(環太平洋連携協定)や原発への反対で共同する皆さんの信頼を勝ち取って当選を目指したい」と話した。


 北村氏は北海道旭川市生まれ、東京都荒川区育ち。信大農学部卒業後に党上伊那地区委員会に勤務。2004年から中信地区委員長。


<<前の記事  トップに戻る  次の記事>>