The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2012衆院選

長野2区、百瀬氏が正式出馬表明 松本で会見

2012年11月28日(水)

長野2区での立候補を正式表明する百瀬智之氏

 日本維新の会が衆院長野2区の公認候補に決めた新人で会社役員の百瀬智之氏(29)=安曇野市穂高=が27日、松本市で会見し、立候補を正式表明した。「中央集権政治は制度疲労している。投票権を持たない次世代のために新しい政治をつくる」と述べた。


 地域主権を掲げる維新に「強く共感している」と説明。教育委員会制度は「廃止も視野に弾力的な在り方を探るべきだ」とし、地域ごとに特色ある教育課程の導入、住民意向を反映させるための委員増や諮問機関設置を例示した。「技術革新や創意工夫でシャッター街をなくす」と、地域経済の活性化も強調した。


 同氏は安曇野市出身。上智大法科大学院修了後、司法書士事務所勤務や家庭教師を経て現在は塾経営。受講した維新政治塾や主宰する政治塾「アップルズ」の関係者、県政連絡協議会が支援する。


 2区では、民主党前職の下条みつ氏(56)、自民党新人の務台俊介氏(56)、共産党新人の北村正弘氏(50)、政治団体の幸福実現党新人の味岡淳二氏(53)が出馬を予定している。


<<前の記事  トップに戻る  次の記事>>