The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2012衆院選

経済再建、中小支援で 共産新人の岩谷氏、千曲で街頭演説

2012年11月23日(金)

 「(消費税の)増税ではなく、庶民の懐を温めて不況から脱却する方法を探るべきだ」。長野3区の共産党新人、岩谷昇介氏(59)は22日、千曲市で街頭演説し、景気対策の充実を訴えた=写真。


 若い母親から「『子どもが大人になった時に仕事はあるのか』と心配している」と聞いた―と紹介。「大企業の内部留保は約260兆円に上っている」と指摘し、「一部を雇用などに回して大幅に賃上げし、サービス残業や派遣労働などをなくすべきだ。中小企業を支援してこそ経済は立て直せる」と力を込めた。


 演説が終わると、集まった人たちに走り寄り、一人一人と握手を交わした。


<<前の記事  トップに戻る  次の記事>>