The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2012衆院選

改革に自信と誇りを 民主矢崎氏、諏訪で事務所開き

2012年11月25日(日)

 「3年3カ月の改革に自信と誇りを持って今回の戦いに臨む覚悟だ」。長野4区の民主党前職、矢崎公二氏(53)は24日、諏訪市での事務所開きで衆院選への決意を述べた=写真。


 党の前回衆院選のマニフェスト(政権公約)について「実現できなかったことを検証し、実現できるよう努力したい」と強調。高校授業料の無償化、農家の戸別所得補償などの実績を挙げ、「子どもや生活者を支える民主党の政治に間違いはなかった」と述べた。


 高校同期生の安川昌昭後援会長(53)は「改革を進められるのは、しがらみのない矢崎氏しかいない」とあいさつした。長浜博行環境相が激励に訪れた。


<<前の記事  トップに戻る  次の記事>>