The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2012衆院選

前回に並ぶ23人が立候補 県内小選挙区

2012年12月05日(水)

 4日公示された衆院選で県内の5小選挙区には、1996年の小選挙区比例代表並立制導入以降、最多だった2009年前回選と同じ数の23人が立候補、政党候補は最多の7党22人に上った。96年以降で初めて20代が出馬。今回の全候補者の平均年齢は50歳で、同年以降で最も若かった前回をさらに2歳下回った。


 民主、自民、共産の3党が全選挙区で擁立。日本未来の党が4、5区、日本維新の会が1〜3区、みんなの党が3区、社民党が5区からそれぞれ出馬した。諸派で政治団体の幸福実現党も2区で立候補した。23人の内訳は前職4人、元職2人、新人17人。男性22人、女性1人。


 政党が擁立した各候補の第一声で、民主は政権継続による改革の実行、自民は政権奪還による政治の立て直しなどを主張。未来は「卒原発」の実現、維新は政治システムの変革、共産は消費税増税の反対、みんなは税金の無駄遣いカット、社民は脱原発の必要性を中心に訴えた。


<<前の記事  トップに戻る  次の記事>>