The Shinano Mainichi Shimbun

信濃毎日新聞ニュース特集

メニュー

2014 長野県知事選

投票用紙、全県に189万枚発送 木曽分は上伊那へ

2014年07月11日(金)


知事選の投票用紙の仕分け作業をする県職員=11日、長野市の県長野地方事務所

 県選挙管理委員会は11日、8月10日投開票の知事選と県議補選(佐久市・北佐久郡区)で使う投票用紙計189万2920枚(点字投票用紙含む)を、県内19市と各地方事務所に発送した。9日夕に土石流災害が発生した木曽郡南木曽町を含む同郡6町村分の知事選投票用紙2万6310枚は、木曽地方事務所(木曽郡木曽町)が災害対応中のため、最寄りの上伊那地方事務所(伊那市)に届けた。県選管は「できるだけ早く各町村に届くようにしたい」としている。


 投票用紙は、3月2日現在の選挙人名簿登録者数を基に予備分を上乗せして発送した。知事選分は177万5120枚、県議補選分は11万7800枚。


 このうち長野市の長野地方事務所には11日午前8時40分ごろ、市内の印刷所から管内6町村分の知事選投票用紙5万90枚が到着。職員が町村ごとの枚数を確認しながら、仕分ける作業をした。同日中に各町村の選管担当者に渡す。