高校野球2018
夏の長野大会
佐久長聖、打撃力で圧倒 長野大会
2018年7月24日(火)
甲子園出場を決め、3年生全員で記念撮影に納まる佐久長聖ナイン=22日、松本市野球場

 第100回全国高校野球選手権記念長野大会(8〜22日・松本市野球場ほか)は、第1シードの佐久長聖が2年ぶり8度目の優勝を飾り、8月5日から甲子園球場で行われる全国大会に出場する。7年連続で決勝に進出した佐久長聖は、第2シードの上田西に先行されながら七回の集中打で逆転勝ち。6試合のうち5試合で2桁安打をマークしたように、打撃力で他校を圧倒した。

 前回大会の準優勝メンバーが5人。決勝で松商学園に敗れた悔しさを糧に、1年間かけて磨いた打撃の成果を示した。3割9分9厘の高打率を残し、三振はわずか3だった。

 県内最多160人の部員による競争を勝ち抜いた20人のレベルは高かった。昨秋からの公式戦26試合で、ベンチ入りした選手は39人。その中からメンバーを絞り込み、夏の戦力を整えた。鈴木、西藤ら主力がけがで戦列を離れる間に戦力の底上げにも成功。春から主力に定着した小山、樋口、上田らが今大会も活躍した。

 相手投手の球威、変化球のレベルが上がる全国大会で、攻撃力がどこまで通用するか。実力が問われる。

 準優勝の上田西は、長野商、長野西、小諸商、松本国際など、力のある相手を倒しながら順当に勝ち上がったが、決勝で力尽きた。もともと内野手だった右腕横尾の成長により投手力が整い、昨秋は非力だった打撃陣も冬を越してたくましくなった。成長度合いは大きかったものの、頂点にはあと一歩届かなかった。

 ノーシードから29年ぶりにベスト4進出を果たした岡谷南の健闘も目を引いた。山岸、飯田ら投手陣と打線の力がかみ合い、2連覇を狙った松商学園などを破った。左腕飯田、4番五味を含め、スタメンの半数以上が2年生。上田西などとともに、秋以降が楽しみなチームの一つだ。11年ぶりに4強入りした松本国際は、全5試合に登板した右腕後藤を中心とした堅実な守備が光った。

 松商学園、松本深志、松本第一、小諸商などは、好投手を擁しながら実力を十分に発揮できなかった。投手起用や采配の難しさを感じさせた。日本ウェルネス信州筑北キャンパスは、県大会を制した昨秋から思うように力を伸ばすことができなかった。

 今大会は、前回まで8校だったシード校を16校に拡大。春季県大会1回戦を突破したベスト8をAシード校、敗れた8校をBシード校とした。日程的に余裕があるという面でBシード校にはおおむね好評だった。






QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
https://sp.shinmai.co.jp/sp/
 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】


秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
8月21日(第16日) 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇
8月20日(第15日) 決勝は金足農―大阪桐蔭
8月18日(第14日) 日大三粘り 逆転で4強
8月17日(第13日) ベスト8出そろう
8月16日(第12日) 大阪桐蔭が逆転勝ち
8月15日(第11日) 日大三、平安が3回戦へ
8月14日(第10日) 横浜、金足農が3回戦へ
佐久長聖、熱戦の夏終わる 高岡商に惜敗
粘りに拍手 最後まで逆転信じた応援団
8月13日(第9日) 佐久長聖、16強入りならず
8月12日(第8日) 済美、逆転サヨナラ満塁弾
佐久長聖 攻守に「全力で」 あす第2試合に登場
8月11日(第7日) 龍谷大平安 劇的100勝目
8月10日(第6日)  日大三、15安打16得点
バントや守備入念 佐久長聖、練習再開
8月9日(第5日) 下関国際、延長制し初勝利
8月8日(第4日) 花咲徳栄が逆転勝ち
疲労回復へ軽め調整 2回戦の相手は高岡商
初タイブレーク戦の球 甲子園歴史館に展示
8月7日(第3日) 近江が2回戦へ
8月6日(第2日) 佐久長聖、粘り抜いた14回
佐久長聖「いつも通りに」 6日、1回戦に臨む
喜びかみしめ行進 佐久長聖ナイン
8月5日(第1日) 星稜・慶応・済美が2回戦へ
佐久長聖野球部にマエケンから激励の野球帽
佐久長聖、初戦へ好感触 「バット振れている」
佐久長聖、投手力の旭川大高と 第2日第4試合
憧れの場所、高鳴る胸 ユニホーム姿で見学
佐久長聖ナイン、大阪入り 31日に甲子園見学
佐久長聖ナイン いざ夢の舞台へ
甲子園へ、攻守の底上げ 佐久長聖ナイン練習再開
夏の長野大会
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun