高校野球2019
センバツ
第91回選抜高校野球 32校選出
2019年1月26日(土)

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開催され、前回大会準優勝の智弁和歌山や昨秋の明治神宮大会を制した札幌大谷(北海道)などが選ばれた。昨年の甲子園で春夏連覇し、史上初の選抜大会3連覇を狙った大阪桐蔭は選出されなかった。
 戦力以外の要素を加味する21世紀枠は、石岡一(茨城)富岡西(徳島)、熊本西の3校が選出された。春夏通じて初出場は、札幌大谷、石岡一、啓新(福井)富岡西の4校、春初出場は筑陽学園(福岡)大分、日章学園(宮崎)熊本西の4校。
 前回大会からの連続出場は智弁和歌山のほかに、東邦(愛知)星稜(石川)松山聖陵(愛媛)。春日部共栄(埼玉)は22年ぶり、米子東(鳥取)は23年ぶりの出場となった。龍谷大平安(京都)は41度目の出場。
 組み合わせ抽選会は3月15日に行われる。








QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
https://sp.shinmai.co.jp/sp/
 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】


秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun