高校野球2020
夏の長野大会
小所帯、しまっていこう 登録11人の富士見高
2020年7月16日(木)
円陣を組み士気を高める富士見高校の選手たち

 2020年度夏季高校野球長野県大会に、富士見高校(富士見町)野球部は登録選手11人で臨む。紅白戦など実戦形式の練習がなかなか積めないのが悩みだが、チームワークの良さを信条に練習を重ねてきた。今大会が終わり、3年生が引退すれば、チームは単独での出場が難しくなる。「精いっぱいやる」と意気込む3年生。後輩たちは「勝たないと次の代が入ってこない」と気持ちを奮い立たせている。

 「惜しい」「ナイスバント」。14日、富士見高のグラウンド。活発に声を掛け合う選手たちがいた。選手は3年生6人、2年生4人、1年生1人。女子マネジャーは3人。バントの練習では、リラックスした表情も見せながらも互いに助言し合うなど、一体感を見せていた。

 同高の部員が少なくなった背景には、少子化に伴う県立高の入学定員の抑制がある。「昨年の1年生から(定員が)1クラス減ったことが大きい」と春日光監督(32)。諏訪地域では2019年度新入生から、富士見、茅野、岡谷東、諏訪実業の4校でそれぞれ1学級減っている。茅野は今大会に非部員の「助っ人」を加えて10人ほどで試合に臨む。岡谷東と諏訪実業は連合チームでの出場となった。

 富士見高では、単独チームを維持するため中途入部を広く受け入れてきた。春日監督に誘われて今春入部した3年生の丸山翔さん(17)は「チームは歓迎してくれた。精いっぱいやらないといけない」。迎え入れた3年生の菊池竜世(りゅうせい)さん(17)は「入ってくれるだけでありがたい」と感謝する。

 結束は固いが、実戦形式の練習はなかなか積めず、守備の連係やサインプレーに課題がある。そこを襲った「コロナ禍」。約3カ月にわたる休校期間中は自主練習となり、内藤光翼(こうすけ)主将(17)=3年=は「連係プレーの感覚が鈍ってしまった」と明かす。練習再開後は基本の「声掛け」を意識し、練習試合などに臨んできた。「みんなで野球ができてすごく楽しい」と笑顔で話す内藤主将。「ミスを減らし、夏の大会で勝つところを後輩たちに見せたい」と力を込める。

 少人数だからこそ、1年生時から試合に出る機会も多く、それが下級生の「自覚」につながる面もある。2年生の武居祥真(しょうま)さん(17)は「3年生の足を引っ張らないように練習してきた。勝たないと次の1年生が入ってこない」と意欲を燃やす。








QRコード 従来型携帯のサイト「信毎プレミアム」(有料)などで試合速報を掲載。(NTTドコモ「iモード」、au「EZweb」、ソフトバンク「ウェブ」でご利用ください)

スマートフォンの「信毎プレミアム」(有料)でも試合速報をご覧になれます。
https://sp.shinmai.co.jp/sp/
 日本が見える 47news 地域の銘品・名店勢揃い【47CLUB】


秋の北信越大会
秋の北信越県大会
夏の全国大会
夏の長野大会
8月10日 決勝 佐久長聖2年ぶり頂点
8月8日 準決勝 決勝は飯山-佐久長聖
8月6日 準々決勝 4強出そろう
8月5日 準々決勝 4強、まず2校
8月2日 4回戦 ベスト8出そろう
8月1日 3,4回戦 長野日大と飯山 準々決勝へ
7月30日 3回戦 諏訪清陵と岡谷南が4回戦へ
7月29日 2回戦 岡谷工が3回戦へ
7月27日 3回戦 南信の3回戦、30日・8月1日に
7月26日 2,3回戦 更級農、長野商に競り勝つ
連携抜群2キャンパス 佐久平総合技術 練習 工夫重ねて克服
7月25日 3回戦 飯山 磨いた打力十分
7月24日 2回戦 上田染谷丘、劣勢からサヨナラ
7月23日 2回戦 長野西、打撃戦制す
主将2人態勢で挑む 飯田OIDE長姫
下諏訪向陽監督とかつての教え子諏訪二葉 初戦で熱戦
後輩に託す「単独で夏1勝」 軽井沢「いつか達成を」
7月19日 1,2回戦 シード校5校勝利
7月18日 1,2回戦 高校野球代替大会開幕
勝ち上がり表(準々決勝~決勝)
勝ち上がり表
頂点へ、鍵は「援護力」 代替大会18日開幕
小所帯、しまっていこう 登録11人の富士見高
東信の試合時間 一部訂正を発表
仲間と輝く、特別な夏 組み合わせ決定
「助っ人」と挑む代替大会 野沢南高、1人で耐えた主将
代替大会の開催要項を発表 サブタイトルも決定
代替大会支援へ170万円余贈る OB・OG連盟
OB会、ユニホーム贈り激励 篠ノ井高野球部
人数制限設け保護者入場可 オリスタ50人・5球場30人
わが子の集大成、見させて 署名活動に40校以上の保護者
復刻ユニホームで夏へ 穂高商高野球部OB会が寄贈
球児見たい マスク手作り 上田染谷丘高3年生の母親ら
県大会に78チーム84校 組み合わせ抽選会7月3日
県大会7月18日開幕 上位8校でチャンピオンシップ
試合ごとに選手入れ替え可 長野大会の代替大会
7月18日開幕目指す 代替大会で県高野連
代替大会、県高野連29日協議 各校指導者、悩みつつ前へ
県高野連、代替大会を検討 夏の甲子園と地方大会中止で
春の北信越大会
春の北信越県大会
センバツ
過去の高校野球特集


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます。
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun