信州ブレイブウォリアーズニュース

秋田―信州  第2クオーター、信州・モリスがシュートを放つ

 bjリーグは18日、各地で9試合を行った。信州ブレイブウォリアーズは秋田市の秋田県立体育館で秋田ノーザンハピネッツと対戦し、63―96で大敗した。信州は秋田に連敗し、通算成績は15勝25敗。東地区順位は7位のままだが、プレーオフ進出圏内6位とのゲーム差は5に広がった。
 信州は17日に続き、エースのライビオが故障のため欠場。第1クオーター(Q)で12点差をつけられて主導権を失った。第2Qは競り合ったものの、第3、4Qはともに17得点にとどまりリードを広げられた。攻撃では26ターンオーバーとミスが響き、秋田に11本の3点シュートを決められた。
 東地区首位の浜松・東三河フェニックスは千葉ジェッツを100―86で下して通算成績を29勝13敗とし、プレーオフ進出を決めた。
 信州は24日午後6時から、宮城県塩釜市の塩釜ガス体育館で仙台89ERSと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ