信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―高松 第4クオーター、接戦で踏ん張る選手を見守る信州の青木監督(左)

 bjリーグは1日、各地で8試合を行った。信州ブレイブウォリアーズは長野市の長野運動公園総合体育館で高松ファイブアローズと対戦し、92―81で勝った。高松に連勝した信州の通算成績は17勝27敗。順位は東地区7位のままだが、プレーオフ進出圏内6位とのゲーム差を6に縮めた。
 信州は第1クオーター(Q)の立ち上がりに連続得点でリードを奪ったものの、徐々に点差を詰められ、前半を43―41で折り返した。第3Qは高松の厳しい守備に苦しみ逆転を許したが、第4Qはエース・ライビオの10得点の活躍もあり再逆転した。
 西地区の滋賀レイクスターズ、京都ハンナリーズ、ライジング福岡はそろって勝ち、いずれも通算成績28勝16敗でプレーオフ進出を決めた。
 信州は7日午後6時から、松本市総合体育館で西地区の大分ヒートデビルズと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ