信州ブレイブウォリアーズニュース

信州7連敗 今季は8位

04月30日(月)

 bjリーグは29日、各地でレギュラーシーズンの今季最終9試合を行った。信州ブレイブウォリアーズは松本市総合体育館で浜松・東三河フェニックスと対戦し、72―90で大敗した。信州は7連敗で今季の最終成績は18勝34敗。東地区8位で初参戦のシーズンを終えた。
 信州は第1クオーター(Q)に浜松・東三河の3点シュートなどで5点のリードを許し、第2Qも厳しい守備を受けて攻め手を欠き、40―56で前半を終えた。第3Qにインサイド陣の攻撃で点差を詰めたが、第4Qで再び突き放された。
 リーグの個人ランキングでは、信州のモリスがダンクシュート部門で1試合平均1・8本で1位。フィールドゴール成功率も57・6%で1位を獲得した。
 プレーオフに進出するのは東西両地区の上位6チーム。5、6日に1回戦、10〜13日に地区準決勝を行い、19日に地区決勝、20日にプレーオフ決勝を行う。

写真説明:信州−浜松・東三河 第3クオーター、ゴール下に切り込んでパスを出す信州・ライビオ

新着ニュース

記事アーカイブ