信州ブレイブウォリアーズニュース

 プロバスケットボール男子bjリーグの信州ブレイブウォリアーズは13、14日に群馬県高崎市浜川体育館で群馬クレインサンダーズと開幕カードに臨む。参戦2季目となる信州の石橋貴俊監督は「チームの開幕戦なので、集中してまずは1勝を挙げたい」と話す。
 信州は昨季も在籍した日本人選手と外国人1選手に、新外国人3選手が加わった布陣で臨む。初のプレーオフとファイナルズ(東西両地区の決勝以上)進出が目標だ。
 新規参戦の群馬は開幕2連敗中。昨季まで浜松・東三河フェニックスでプレーした岡田ら日本人選手を中心に、積極的に守備で重圧をかけるスタイルでホーム開幕戦で初勝利を目指す。
 石橋監督は「相手の守備に対して(シュート以外のミスで攻撃権を失う)ターンオーバーをどれだけ減らせるかが鍵」。信州はオフに右膝を手術したガードの呉屋が間に合いそうだが、絶対的なエースがいないだけに、素早いパス回しと連係で群馬守備陣を崩したい。
 守備強化を掲げてきた石橋監督は「失点は75点以下、得点は85点以上を目標にしたい」と敵地に乗り込む。

新着ニュース

記事アーカイブ