信州ブレイブウォリアーズニュース

千曲市でファン感謝祭

05月05日(日)

コートで交流する信州のウォルトン選手(右)とブースター

 プロバスケットボール男子bjリーグの信州ブレイブウォリアーズは4日、拠点とする千曲市の戸倉体育館でブースター(ファン)感謝祭を開いた。ブースター約200人が参加。選手と一緒に体育館でさまざまなイベントを行い、交流を深めた。
 昨シーズンの感謝祭はボウリングを楽しんだが、今回はブースターからの要望でバスケを取り入れた内容にした。ブースターと選手が3点シュートやダンクシュートの完成度を競うコンテストなどをした。選手は仮装して会場を盛り上げた。須坂市臥竜の会社員、塚田真美さん(26)は「試合では見られない選手の表情を見ることができて楽しかった」と喜んでいた。
 チームは今季は14連敗を喫するなど東地区9位と低迷したが、1試合平均観客数は昨シーズンを上回る1390人を記録。斎藤崇人選手(27)は「成績が良くない中でも大きな声援を送ってくれて感謝の気持ちでいっぱい。今日はブースターの皆さんを楽しませることができて良かった」と話していた。

新着ニュース

記事アーカイブ