信州ブレイブウォリアーズニュース

記者会見に出席した信州の監督ら。左から新選手の楯昌宗、片貝雅彦社長、河合竜児新監督、新選手の鈴木大=1日、県庁

 プロバスケットボール男子bjリーグの信州ブレイブウォリアーズは1日、2013〜14年シーズンを指揮する河合竜児・新監督(37)の就任記者会見を県庁で開いた。併せて昨季まで大阪エヴェッサでプレーした今野翔太(28)らとの契約合意も発表した。
 河合監督は浜松・東三河フェニックスのチーム統括時代に、中村和雄監督(現秋田ノーザンハピネッツ監督)の下でリーグ連覇を経験。監督になった1年目の11〜12年シーズンは東地区1位、リーグ準優勝した。河合監督は「勝つために何が必要か、何を犠牲にして、何に向かって努力しなければいけないかは学んできた。信州の勝ちに貢献したい」と強調。来季のチームのスローガンは、ブースター(ファン)やスポンサーらと一丸となって戦い抜くという意味を込め「共闘心(きょうとうしん)」に決まった。
 この日は斉藤洋介(28)宇都宮正(25)上田貴浩(25)と契約を更新。6月のドラフト会議で指名した鈴木大(22)楯昌宗(25)とも契約合意した。昨季プレーした斎藤崇人(28)呉屋貴教(29)とは契約交渉中。フリーエージェント(FA)権を行使している選手の獲得も検討している。

新着ニュース