信州ブレイブウォリアーズニュース

 bjリーグの信州ブレイブウォリアーズは22日、新潟県佐渡市で新潟アルビレックスと今季初のプレシーズン試合を行い、2度の延長戦の末に119―114で競り勝った。
 信州は第1クオーター(Q)に3点をリードしたが、第2Qに逆転されて49―51で前半を折り返した。第3Qで1点リードしたものの、第4Qで同点とされ、2度目の延長で15―10とした。サンダースが両チーム最多の33得点を挙げ、斉藤洋が両チームの日本人最多となる23得点を奪った。
 信州は28日に小諸市総合体育館で群馬クレインサンダーズとプレシーズン試合を行う。

新着ニュース

記事アーカイブ