信州ブレイブウォリアーズニュース

新潟−信州(第2試合) 第4クオーター、新潟の厳しいマークを受ける信州・ギブソン

 bjリーグは16日、各地で10試合を行った。東地区4位の信州ブレイブウォリアーズは、新潟県長岡市のシティホールプラザアオーレ長岡で同地区5位の新潟アルビレックスと対戦した。15日の大雪で順延となった第1戦と合わせて計2試合を行い、第1戦は68―73で競り負け、第2戦も62―71で敗れた。信州の通算成績は21勝11敗で順位は新潟と入れ替わって5位に後退した。
 第1戦の前半、信州は新潟の厳しい守備に対して後手に回り、15点のリードを奪われた。後半は斉藤洋らの3点シュートなどで第4Qに一時逆転したが、再び逆転された。
 第2戦は序盤に11点のリードを奪われたが、5点差まで縮めて前半を終えた。後半はゾーン守備で失点を抑えたが新潟に押し切られた。
 信州は22、23日に富山県射水市の新湊アイシン軽金属スポーツセンターで東地区2位の富山グラウジーズと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ