信州ブレイブウォリアーズニュース

今季の決意を語る信州の仲西主将(左から3人目)

 プロバスケットボール男子bjリーグ・信州ブレイブウォリアーズの河合竜児監督(39)や仲西翔自(しょうじ)主将(32)、チーム運営会社の片貝雅彦社長(36)が20日、上田市役所に母袋創一市長を訪ね、今季の意気込みを語った。信州は11月1、2日に同市自然運動公園総合体育館で埼玉ブロンコスとのホーム試合を開催する。
 信州は8月下旬、同市菅平高原で4日間の合宿をした。仲西主将は「菅平で体力もつくってきた。昨シーズンは(東地区で)4位だったが、1位を目指したい」と決意を語った。
 信州は今季、上田市で4試合を予定している。片貝社長は「昨シーズン、上田での試合は3勝1敗だった。無敗を目指したい」。母袋市長は「無敗となるとプレッシャーになるかもしれないが、頑張ってほしい。心から応援している」と激励した。

新着ニュース

記事アーカイブ