信州ブレイブウォリアーズニュース

 TKbjリーグは6、7日、各地で第10節を行い、東地区7位の信州ブレイブウォリアーズは千曲市戸倉体育館で、東地区3位の富山グラウジーズとの2連戦に臨む。
 信州は松本市総合体育館で行われた前節(11月29、30日)で、西地区首位の京都ハンナリーズに2試合とも勝てず、今季初の3連敗。戦績は5勝9敗で、借金は今季最大の4に膨らんだ。ホームでは千曲市戸倉体育館で高松ファイブアローズに連敗した第7節(同15、16日)から4連敗だ。
 信州は富山に対し、前回戦った第4節(10月25、26日)で2連敗を喫した。富山はエース城宝が右膝靱帯(じんたい)を痛めてここ2節連続で離脱しているが、選手層が厚く、あなどれない。
 信州の河合監督は「城宝が出られないとしても、その分、どこから攻撃されるのか分かりにくくなる」と警戒。外国人を中心にリバウンドやこぼれ球の確保がおろそかになっているとし、「当たり前のことを全力で当たり前にやりたい」と、悪循環からの脱出を図る。

新着ニュース

記事アーカイブ