信州ブレイブウォリアーズニュース

 TKbjリーグ第11節は14日、各地で10試合を行い、東地区7位の信州ブレイブウォリアーズは、大阪市住吉スポーツセンターで西地区5位の大阪エヴェッサと対戦。83―75で勝ち、戦績は8勝10敗。順位は7位。
 信州は前日に右まぶたを負傷したワシントンが出場し、29得点15リバウンドと活躍。サンダースは18得点を挙げ、ガード斎藤も今季自己最高の15得点をマークした。シュート成功率は43・1%と前日から持ち直し、大阪の31・3%を上回った。
 信州は第12節の20日午後6時から、岡谷市民総合体育館で東地区5位の青森ワッツと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ