信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―青森 第3Q、厳しいマークを受けてシュートを外す信州・サンダース

 TKbjリーグ第12節は21日、各地で10試合を行い、東地区7位の信州ブレイブウォリアーズは、岡谷市民総合体育館で同5位の青森ワッツと対戦。攻撃での連係が機能せず72―94で完敗した。今季初の3連勝をまたも逃し、戦績は9勝11敗。順位は7位のまま。
 信州は第1クオーター(Q)からリバウンド争いで後手に回り、18―28と出遅れた。第2Qになってもシュート成功率が上がらず、わずか10得点で28―46と点差が開いた。第3Q以降は負傷したワシントンの出場時間が激減したこともあり、追い上げきれなかった。
 青森は24得点のポマーレら3人が2桁得点を挙げ、チームで24アシストを記録。リバウンドも信州の1・3倍の48本を奪い、攻守で上回った。
 信州は27日午後6時から、新潟県長岡市のシティホールプラザアオーレ長岡で、東地区5位に上がった新潟アルビレックスBBと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ