信州ブレイブウォリアーズニュース

新潟―信州 第1Q、カットインを決める信州のアブカー(34)。故障した右手指にテーピングをした状態でチーム最多の27得点

 TKbjリーグ第13節は27日、各地で11試合を行った。東地区7位の信州ブレイブウォリアーズは、新潟県長岡市のシティホールプラザアオーレ長岡で、同5位の新潟アルビレックスBBと対戦。新潟の精度の高い3点シュートでリードを許し、77―80で敗れた。2連敗で戦績は9勝12敗の借金3。順位は7位のまま。
 攻守の柱のワシントンを脚の故障で欠く信州は、右手指の故障から復調途上のアブカーが攻撃をけん引。第1クオーター(Q)から21―17と先行した。しかし、新潟に3点シュートを第2Qで5本、第3Qで4本決められ、第4Q序盤には53―72と19点差を付けられた。そこからゾーン守備を使って3点差まで追い上げたが、及ばなかった。
 信州は28日午後3時30分から、アオーレ長岡で新潟と対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ