信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―横浜 第3Q、信州は敵陣で横浜の球を奪うと、アブカーが切れ込んで51―66と追い上げる

 TKbjリーグ第16節は18日、各地で行った。東地区7位の信州ブレイブウォリアーズは、長野市ホワイトリングで同10位の横浜ビー・コルセアーズと戦い、76―95で完敗した。連勝は3で止まり、戦績は12勝16敗。借金は再び4に膨らんだ。順位は同7位のまま。
 試合は3734人が来場。2013年1月にホワイトリングで行った千葉(現ナショナルリーグ)戦で記録した3110人を上回り、ホーム最多の観客数となった。
 信州は守備が機能せず、各クオーター(Q)とも20点以上の失点を重ねた。リバウンドは横浜を18も下回る31しか獲得できなかった。前日に34得点を挙げたサンダースは15得点に抑えられた。
 横浜は28得点の蒲谷を筆頭に2人が20得点以上をマーク。10月の信州戦に並ぶ今季チーム最多タイの95得点を記録した。
 信州は2月7日午後6時から、千曲市戸倉体育館で同4位の仙台89ERSと戦う。

新着ニュース

記事アーカイブ