信州ブレイブウォリアーズニュース

信州―広島 第1Q、ゴール下に切り込む信州・ベル。シュートを決め21―19とリードする

 バスケットボールTKbjリーグ第12節は20日、各地で行った。東地区10位の信州ブレイブウォリアーズは、岡谷市民総合体育館で、西地区最下位(12位)の広島ライトニングに118―87と前日に続いて大勝した。118得点は参戦5季目の信州にとってチーム史上最多。戦績は8勝14敗。順位は10位のまま。
 信州は今季3度目となる100点超えの試合。今季から新規参入した広島に対し、第1クオーター(Q)から新加入のウォルフィンガーを中心に31―21と先行した。第3Qに34点を挙げるなど得点を伸ばし、シュート成功率は3点が40・0%、2点が66・7%をマークした。
 信州のこれまでの最多得点は、2014年4月の仙台戦の113点。
 信州は26日午後7時から、松江市総合体育館で西地区4位の島根スサノオマジックと対戦する。

新着ニュース

記事アーカイブ