信州ブレイブウォリアーズニュース

4連勝で8位に浮上

02月15日(月)

青森−信州 第3Q、信州・鹿野(45)がシュートを決め、56−43とする

 バスケットボールTKbjリーグ第19節は14日、各地で行った。東地区10位の信州ブレイブウォリアーズはアウェーの青森県八戸東体育館で同8位の青森ワッツに84―67で快勝した。今季初の4連勝で15勝19敗とした。順位は同9位の群馬クレインサンダーズと当該チーム間の戦績で青森を抜き、プレーオフ進出圏内の8位に浮上した。
 信州は第1クオーター(Q)を19―22と出遅れたが、第2Qで青森を6点に抑えて36―28と逆転。第3、4Qで引き離した。ターンオーバーは16を犯したものの、青森の1・6倍となる49リバウンドを記録。19得点、16リバウンドのベルを中心にギブソン、和田、鹿野も2桁得点を挙げた。
 信州は20日午後6時から、仙台市のゼビオアリーナ仙台で東地区首位の仙台89ERSと戦う。

新着ニュース

記事アーカイブ